転職お祝い金

インシデントを書く時の気持ち

私は、介護施設の看護師をしています。

 

インシデントは、誤った医療行為が行われそうになった時に、それを未然に発見できたものや、間違ってしまったけれども、患者さんには害を及ぼさなかった場合をいいます。

 

私が働いている施設では、常日頃からひやり・はっとやインシデントを積極的に書くことでアクシデントを防ぐよう心がけています。

 

インシデントを書く時というのは、自分がインシデントを起した時だけではなく、誰かがインシデントを起したとき、発見した人が書くこともあります。

 

私の経験ではどちらかというと後者が多く、書くのをためらう時も多々あります。

 

 

しかし、誰かをかばってインシデントを書かないことで、次に誰かがインシデントのみならずアクシデントを起してしまうこともあるのです。

 

同じインシデントを繰り返すことのないよう、誰かがアクシデントを起こしてしまわぬよう…ご利用者様のため、スタッフのため必要なことなのです。

 

介護施設におけるインシデントは、病院のように命に直結するものは少ないと思います。

 

しかし、アクシデントが起き、例えば骨折などしてしまった場合、ご利用者様のADLを低下させてしまうことにつながるのです。

 

私たちは、ご利用者様の生活を守らなくてはならない、守ることが仕事です。

 

ですからインシデントを書く際は、同じ事が起きないよう、アクシデントにつながらぬよう、みんなで注意していこう!という気持ちで自分自身の気持ちも引き締めつつ書いています。